メールでのご相談

fe-voでは才能で生きていける世界が人の喜びを生み出すことにつながり人が人として楽しく快適に生きていける世界だと考えています。

才能を輝かせる環境とは

fe-voは日本中を働きたいと思える会社、才能を活かせる場所でいっぱいにしたいと思い組織づくりのコンサルティングを行っています。

人の才能を活かせる環境を作ることができれば
 技術は向上し、ストレスフリーが自然とできていきます

才能とは誰もが持っているものであり、時間を忘れて夢中になれる得意なことです。
 得意なことで、時間を忘れて夢中になれることであれば、好きなことに対して
  もっと学びたい、もっとできるようになりたい、と自然と技術が向上していきます。
   時間を忘れて夢中になれるということはストレスフリーな状態です。
ストレスをなくしていこうと、今やっていることからストレスとなるものを一つひとつ潰していくやり方では、
 永遠に終わらないもぐらたたきをする状態となってしまいますが、
  人の才能を活かせる環境を作ることで、ストレスは自然と解消されていき、ストレスフリーとなっていきます。
才能とは誰もが持っていますが、自分の才能を理解している人は少なく、
 また、自分で見つけましょうと言われても、なかなか気付けるものではありませんが、
  会社全体として、チーム全体として、環境を作っていくことで気付きやすい流れができていきます。

夢中になれるもの、才能が見つかった人を見て、「あの人何一人で熱くなってるの?」「上司に気に入られようとしているの?」と言うような人がいる環境では、せっかく才能を見つけた人も、なかなか貫くことが難しくなってしまいます。逆に「あの人すごい。」と評価をされても、「あの人は元々能力のある人だから。」と、線引きをされてしまっては、やはり才能を活かせる環境はできていきません。
人の才能を活かせる環境を作るには、才能を活かして仕事をすることが当たり前、夢中になることが当たり前の環境を作っていくことが大切です。

  • 才能とは特別な人にだけ与えられたものではなく、
    誰もが持っているものだということを全員が認識
    することは、一番大切なことです。
    自分だけできないと思った時、あの人はすごい
    と思った時、人はどうしても自分と他の人は
    違うと線を引くことで自分を正当化しよう
    としてしまいます。何よりもその線をなくす
    ことで、人の可能性は大きく広がり、才能に
    目覚めていくことができていきます。
  • 仕事をがんばるなんてかっこ悪い。休みの日も仕事のこと考えているなんて、ブラック企業だ。
    これまでの常識、仕事の概念の中では、才能を活かし、時間も忘れて働く状態をおかしいと言われることが多くあります。でもそれがスポーツ選手だったら、
    漫画家だったら、同じことを言うでしょうか。
    常識や枠をリセットしていく程、才能を活かせる環境となっていきます。
  • このやり方でなければいけないなど枠を決めず、良
    いものができること、みんなが喜ぶものになること
    を正解としていくと、より良いやり方を生み出す、
    より良いものを生み出すことが自然と起きて
    いきます。枠を作れば、人はその枠の中でしか
    動かなくなり、考えなくなっていってしまい
    ます。枠をなくし、自由に発想できる、誰にも
    気を遣わずに考え続けられる環境を作ることで、
    新しいことにチャレンジできる環境ができて
    いきます。最強の技術向上の仕組みです。
  • 1人が100m10秒切ったら、10秒切る人が次々と現れていったように、才能に目覚めていく、才能を活かすことも、それをみんなが純粋に目指している限りは
    自然と連鎖していきます。
    人と働く中で、自分だけでは気付けないことに多く
    気付きをもらうことが起こっていきます。会社として、チームとして、目指していくことで、自然と
    一人 ひとりが気付きながら、目覚めながら、
    成長していける環境ができていくこととなります。

才能とは誰もが持っていますが、才能を活かせる環境とはどこにあるでしょうか。
 会社は仕事を通して人の才能を見つけ、育むことのできる場所だと思います。
  エジソンも電球のことをずっと考え、追及し続けたからこそ、電球を発明できたと思います。
   ライト兄弟も飛行機のことをずっと考え、追及し続けたからこそ、飛行機を発明できたと思います。
    才能とは、やり続けることで輝き、より大きな喜びを生み出していきます。
会社をやっているのは、人の役に立つため、人に喜ばれるためだと思います。
 才能のことをできる環境を作ることで、社員は才能を活かして働くことができ、仕事が喜びとなっていきます。
  活き活きとやりがいを持って働く社員の姿は、その家族にとっても喜びとなります。
   技術が向上していくことで、お客様にもより喜んでもらえるようになります。
才能を輝かせる環境ができるほど、最高に人の役に立ち、人を喜ばせることが大きく広がっていきます。

才能が輝く環境では、
 一緒に働く仲間の仕事に対し、心から感動する瞬間が生まれ、
  互いの才能に尊敬が生まれ、自然と信頼が生まれていきます。
   仲間の仕事に自分ももっとがんばろうと気持ちを掻き立てられます。
    仲間の言葉に自分ももっとこう考えていこうと、考えも成長していきます。
心から感動する瞬間を共にできる、尊敬できる仲間と一緒に働ける環境は楽しく、
 かけがえのない最高の場所となっていきます。

才能を活かして働けるということは、
 作業としてしていた仕事が、夢中になれるものになる、
  熱中できるものになるということです。
自分のストレスの結果として喜ばれていたことが、
 自分も喜べる、人にももっと喜んでもらえるものになるということです。
  報われないと感じていたことが、実になっていく。
   ストレスフリーの中で喜びが生み出されていく。
個々の才能を活かせる環境というのは、豊かな人生を歩むための場所となります。

AIが人を超え、人の役割がなくなるのではないかといったことが言われていますが、
人が一人で完璧を目指しても、AIに勝つことは難しいでしょう。
AIの方ができるのであれば、AIに全て任せてしまった方がよくなり、人は何のために生きていることになるのか。
自分の与えられた才能を見つけ、その才能を磨いていくことが人が生きていく道であり、
AIにできない、人の喜びを生み出すことにつながっていくのではないかと考えています。
日本中を働きたい会社でいっぱいにしたい、才能を活かせる場所でいっぱいにしたいと思い、
 私たちは組織作りのコンサルティングを行っています。

続けてご覧いただける関連ページはこちら