メールでのご相談

fe-voでは上下関係のないティール組織、不動産会社様との共同事業など成長し続ける組織となることで大きな喜びを生み出していく環境ができています。

成長することが生きがいとなる日々

成長して天才性だけで働けるようになるとSDGsへの取り組みや2050年問題のクリアなど大きな目標も成し遂げることが可能です。

子どもの成長を見るのは嬉しく、アスリートが記録を伸ばしていく姿は美しいものです。
 人が成長する、進化するということは素晴らしいことであり、誰にでも成長のチャンスはあります。
  誰にでも生まれ持った才能があり、
   それに気づく人生を送るか、気づかない人生を送るかのどちらかです。
自身の成長を感じられる日々は楽しく、喜びがあり、突き詰めると、
 才能だけで生きていくことができるようになります。
 人の成長と進化に終わりは無く、立ち止まらない限り、個々の才能と可能性は広がり続けます。

  • 成長するために必要なことは成功することではありません。
     常に挑戦することを続けることです。
    挑戦は、チャンスを受け取ることから始まります。チャンスは常にあり、誰にでもあり、
     どこにでもあります。どこにでもありますが、チャンスの回数と期限は限られています。
      仕事に納期があって、1ヶ月の納期のものに1年かけることはできないように、
       期限の過ぎたチャンスに挑戦することは出来ません。
    チャンスを受け取り、挑戦して、活かす、失敗しても停滞せずに、学びを得て次に活かす、
     諦めずに目の前の目標や課題をクリアしていくことで、ふと振り返った時、
      挑戦する前よりもレベルの上がった状態になった自分がいます。
  • 反省は、起こった物事に対して、良くなかった点を考えて同じ過ちをしないよう
     考えることを言います。内省は自分の考えや言動、行動について深く省みることです。
      感情は介さず、良いか悪いかではなく、なぜそのような考え方になったのか、
       なぜそのような発言や行動をしたのか、客観的に自分を分析することで、
        自身の価値観や本音に気づいたり、認めることで本質に近づいていきます。
    自身のあり方を内省して、正しく判断して自分の中に落とし込むことで、成長の
     ヒントが得られ、成長スピードは加速します。誰かと比べても成長はできません。
      人の成長速度はそれぞれ違っているからです。いつも自身と比べて、
       自身と対話をして、足を止めず、挑戦を続けていくことが成長へつながります。
  • 成長に天井や行き止まりはありません。
     常に挑戦して、成長することが進化につながります。出来ることが増えていく、
      気付きが増えていく、挑戦し続けるほど目標が達成されやすくなり、
       自身の視野も広がっていきます。
    視野が広がるほど、自身のレベルや人格も成長していくので、良い人と出会えるようになり
     自身も周囲の環境も豊かに変化していきます。夢を叶えられるのは自分自身だけです。
    夢を見て、夢を叶えるなら、いつもあらゆる物事を自分ごとにして考えることです。
     才能を磨き、内面を磨き、自分自身を磨き続けて夢を叶えていくと、成長している間は
      一瞬一瞬が輝いているので、成長し続ける限り、自身の人生は豊かに輝き続けます。

成長して進化をするには、周囲に迷惑をかけず、自分のことだけを考えず、人が喜ぶことを考えて行動することです。
人が快適になっていくこと・人が喜ぶことを考えて、自身の未熟さを認め、
知識を付け、技術を付け、才能を磨いた先に成長と進化があります。

人が喜ぶことを考えて成長し続ける人同士が出会うと、相手へ喜びだけを渡して、自分も喜びだけを受け取れるので、喜びが循環していきます。
ずっと喜びが循環していくと、働くことが楽しく、成長することが楽しく、生きていることそのものが楽しいと感じることのできる環境になっています。

  • 才能を発揮して、自身の天才性で仕事に取り組めるようになると、
    新しい事業や目標へ挑戦することに足踏みをする人がいなくなります。
    豊かな仕事が自身の働き方となると、過去に執着がなくなり、
    喜びを創造することが生きがいとなります。人々が喜ぶことをする、
    思いついたよりよい仕組みを実践する、失敗しても次を考える、
    そうして進み続けている組織と社員は、常に成長し、進化し続けます。
  • 成長し続ける社員ばかりの会社は、個々が主体性を持ち
    自ら考えて動くようになります。
    指示待ちや仕事の押し付け合い、マウントといった組織の足を引っ張る
    ものは一切ありません。主体性を持った社員は、自身のなすべきことは
    何かを考え、責任を持って、判断します。仕事に率先して取り組み、
    各々の能力と才能に最適な業務の割り振りをして、
    プロジェクトを成し遂げるために協力することを惜しみません。

プロのスポーツ選手が入れ替わっていくように、成長し続けられる人同士で入れ替わりながらベストなチームで動いていくと
 個々の得意なことを活かして、最適なポジションをチームの中で確立することが出来ます。
  1人で成し遂げるには膨大な時間を費やしたり、出来る事に限界がありますが、自身の天才性として喜びを生み出すために
   才能を使っている人同士で集まることができると、1人でするよりも何倍も早い時間で、また、1人では出来なかったことも
    出来るようになります。
技術を高め、人格をあげ、指摘しあえる仲間とチームメイトとなることで、ずっと自分を成長させ続ける仕組みが完成します。
 喜びだけで循環し続ける豊かな世界の作り方のアドバイスもコンサルティングにてお伝えをしております。

続けてご覧いただける関連ページはこちら