メールでのご相談

ホームページ制作Fの時代に発信していた14年間のメルマガバックナンバーをご紹介しています

14年間のメルマガバックナンバー

豊かさやストレスフリーの根本的な考えはここから始まりました。

2018年1月5日

自然界の法則を凌駕できるとき。

今、望月が書いている6作目の書籍です。

自然界の法則を凌駕できるとき。

蜂には働き蜂と働かない蜂がいて、2対6対2の割合でよく働く蜂が20%、普通に働く蜂が60%、
働きが悪い蜂が20%の割合となっております。単純に働く蜂が8割。
働かない蜂が2割のパレートの法則で自然界は成り立っています。
どの企業にも当てはまる2割の働かない人たちです。自然界の法則なので、
仕方がない事だと思っていたのですが、繁栄する会社になると全員(10割)がよく働く蜂になります。
働かない人は性格が悪いだけなので、性格がよくなり働いてくれます。
働いた方が、自分自身がどんどん楽になり、人に近づいて尊い存在になるからです。
落ちこぼれができてもサポートして乗り越えていくので、自発的に感謝をして働く蜂になります。
人として自由な意思をもって働いているので、良く働く蜂になるのです。
良く働かせているのではなく、良く働くので辞める人もいなくなります。自発的に自分の意思をもって、
人として楽になる方法で自分の為に働くという損得勘定も入れているので、働かない蜂は無意味なことであり、
自分が傷つくことを知っているので、働いてくれます。また、普通に働くと働かされている。
という自分に落ちるのも経験しているから、どうせ働くなら、自発的に働いている方が楽しいから、
指図されるのが人間本来嫌いな動物なので、指図されて怒られるのも嫌なので、
自由に働く方をとれるようにしております。繁栄する企業とはすべて自分の意思で物事が決められて、
自分が責任をとらなければいけない世界です。しかし、失敗しても良いのです。
みんなでサポートすればよいだけであり、その失敗は他の誰かがいずれ失敗する出来事であり、
その人がたまたましただけです。なぜ失敗したのかは、会社が未熟であり、
そこにルールや規則がなかったからです。失敗して規則やルールができれば、2度と同じ過ちが起きなく、
抑制できるのでとても小さな被害で済んで良かった。今までにもしかしたら、
こういう失敗が自然と起きていて、お客様はかすかにでも、不安や不信感を頂いていたかもしれません。
そういった不安や不信感が今回の失敗を通したルール設定で消えるのであれば、安い失敗だと感じます。

人は神です。神は自然界のルールを無視することができます。
人間という動物のままだと自然界のルールを凌駕することはできません。しかし、神はルールを創る側です。
自然界を超越できる存在になれば、ビジネスの常識を覆すことができます。
やはり、人の存在とはとても尊い存在だと感じます。
S__4710408.jpg

prev S__4710407.jpg 会社から出たら会社のメールを見ない。電話も出ない。
会社から出たら会社のメールを見ない。電話も出ない。
13021.jpg 意識さえ認識が合えば崩れない next
意識さえ認識が合えば崩れない

望月執筆の本やオンラインサロンはこちら

  • コンサルティングメニュー
  • コンサルティングメニュー