メールでのご相談

ホームページ制作Fの時代に発信していた14年間のメルマガバックナンバーをご紹介しています

14年間のメルマガバックナンバー

豊かさやストレスフリーの根本的な考えはここから始まりました。

2017年12月20日

自分の収入をすべて社員に還元してみる。

今、望月が書いている6作目の書籍です。

自分の収入をすべて社員に還元してみる。

その不安と欲望はどこまで続ける気でしょうか。その身体に出ている異変は
いつまで続けるおつもりでしょうか。すべては不安の原因は仕事だと気が付きました。大きなプレッシャーの中
社長は頑張らないといけないと考えがちですが、大型客船の船長を想像してみてください。
必死で舵を切っていますかね。必死そうなのは、海賊船に乗っている船長ですね。部下を叩いて、帆を張って、
舵を回す、そして、コンパスで方角を見て、自分の行き先が間違っている。
目的地にいつまでたっても着かない。大型客船は全部自動で優雅に動いています。何かあった時に冷静に
対処できるように船長はゆっくりと過ごしています。部下は各々に責任を全うしています。

私は、会社がうまく回るためには、どうすればよいのかを考えました。大手企業の社長はバタバタしていなく、
経営者として舵をとっている。携帯に仕事の電話などはほとんどかからず、会社の電話も社長にはかからない。
という状態が経営者としての理想の状態だと感じ、私も同じ方法を目指していきました。同じことができれば、
会社は大きくなり、安定していく。大きなものを見習わなければ、自己流ではうまくいきません。
真似できるものはお手本があるのですから、真似をしなければ無駄と考えます。現在の私の状況は、
おかげさまで、携帯には仕事の電話は週に1本もありません。月に1本あるか無いかです。
電話帳も2件しか入っていませんので、プライベートの電話もほとんどありません。
また、会社のメールも私宛というのはなく、たまにお礼のメールが来ますので、それに返信するだけであり、
月に3件ほどです。会社から社長宛に電話がかかる事も月に2本あるか無いです。

結局私は舵を取っているだけで、表舞台からは一線を引いた存在となっております。
それほど、社員がよく持ち場を守っているということです。1人で頑張っていれば、
自ずとバタバタとするでしょう。しかし、16人いて私の給料を支えられないというのはおかしなことです。
1人から毎日5000円抜いても8万円は入ってきます。1万円抜くと16万円毎日入ってきます。

さて、私は仕事のプレッシャーで押しつぶされそうになり、限界のところまで来ました。
10年間休みなく働いたツケが襲ってきた感じです。何のために生きているのか分からなくなった時に、
会社を本気で辞めようとも考えましたが、何かそれもダサいと考えて、私の給料をすべてみんなに
還元することにしました。今年はみんなに全部還元するよ~だから私の責任と仕事を取ってね。
私は給料いらないから大丈夫。と言って渡したとたん。社内8割が原因不明の体調不良に襲われて、
睡眠障害や自律神経失調症、頭痛。不眠。過呼吸。などが起きて来ました。1人ずつに均等に分配したのに、
いきなりこれです。私はどれほどの物を持っていたのか。結構精神的に弱いと思っていたのに、
強かったんだなぁと思いました。社員も、そこでやっと私の苦労の多さを理解してくれました。
社長が持っていた仕事はかなりヤバイ。という状態ですね。
このかなりヤバイもの達をどうやって引き取り分散して、綺麗にしていくのか、
という会議が全員で行われました。全員で考えると本当に手順も方法も明確化されていき、
私の10年間の仕事の情報は2か月で綺麗さっぱり引き取ってくれて、社員全員の責任感で押しつぶされていく
体調不良も消えていきました。離職する人も0で引き渡しをすることができ、
1人で考えるより当然良い結果となり、渡した仕事は私がするよりさらに良い状態になりました。
例えば、私の打ち合わせは集中力の問題により、1時間が限界でしたが、社員はもっと聞いた方が
後の仕事が楽になるといって、最初の打ち合わせが14時間になりました。1時間の話を聞くより、
14時間の話を聞く方が遥かに良いものができます、これは、私ではできませんでした。
1時間で多くの情報を聞いても、しょせん1時間です。14時間話せば、どう考えても私より深く聞けます。
14時間分の情報でホームページを創るようになったため、デザインも大幅に訴求力と深みが増しました。
社員が私の技術や情報を育ててくれている。こんなに感動することはなく、
良いデザインをしたかった私の願いがさらに高く叶いました。1人の力とは弱いものだと感じた瞬間です。

このようなことを経て、私の会社は成長していき、私の仕事は減り、考えることが多くできるようになり、
社員の給料は大きく上がり、私の収入は低くなったと思いきや、社員が育ち、やり方も変わり、
サービスが上がりました。すると、私の収入は昨年以上にもらえる結果となりました。
結局は、売り上げも利益も上がり、多く残った結末です。単純に考えたらそうですよね。
1人でやっていたものを16人でやるのですから、伸びしろがあった分だけ上がる。
そして、来年も伸びしろがあるから上がる。伸びしろの分ずっと上がるのです。

全部の給料を還元した時は、もう会社辞めるから良いわ。ゆっくりと余生を過ごして、コンビニのバイトでも
しながら楽しく働こう。コンビニって20万円もらうためにはどのくらい働かないといけないかなぁ。
まぁ10年は働かなくても大丈夫か。と思って渡したのに、投げたブーメランが成長して返ってきました。
社員にお金を還元すると、大きなブーメランで返ってくる。これが楽しくて、楽しくて、
給料をもっと上げたい。給料を上げる時は幸せを感じるようになっています。

収入の還元と責任の還元をして、負わなくてよい荷物を置いていきましょう。
すごいゆっくりとした、幸せな繁栄する会社ができていきます。みんなが、幸せになれる方法です。

S__4522007.jpg

prev S__4522002.jpg 成長の道標を作る。月1万円上がり続ける35万円の道。
成長の道標を作る。月1万円上がり続ける35万円の道。
S__4522004.jpg 1番難しい選択をいつもする。 next
1番難しい選択をいつもする。

望月執筆の本やオンラインサロンはこちら

  • コンサルティングメニュー
  • コンサルティングメニュー