メールでのご相談

ホームページ制作Fの時代に発信していた14年間のメルマガバックナンバーをご紹介しています

14年間のメルマガバックナンバー

豊かさやストレスフリーの根本的な考えはここから始まりました。

2017年12月20日

純粋な心を創れる環境に向けて

今、書いている6作目の書籍です。

純粋な心を創れる環境に向けて

社員を奴隷と思うことを辞めて開放をしていき、過去の清算が終了していくと、
社会人となり働き出してくれるようになります。
社会人となって働く上で、大切なことは、やっと心を開いてくれるようになります。
その心の開き方は、奴隷から解放された直後は、奇想天外なわがままを言ってきます。
うちの会社もフレックスタイムを導入しましょう。自宅勤務もありにしましょう。などと、
夢を見がちなわがままを言ってきます。
会社にとって、まだ人財にもなっていない社員をなぜ自宅勤務させるのか。
フレックスタイムでの出勤がOKになるのか。
常識的に考えて、不利益となる実行しても結果がわかっているわがままを言ってきます。
会社で働いているということを忘れさせてはいけません。
そして、その人の能力の無さも忘れさせてはいけません。
謙虚に会社が変わってくれたことに感謝をして、

昨日よりもストレスが減っていればOKだという認識にさせていかなければいけません。

奇想天外のわがままが来たら、社員全員を呼んでこういうことをしたいらしいけど、
みんなはどう思うと話し合えばよいと思います。すると、必ずまともな意見でまとまります。
もし違う選択をしてしまっても、ダメだったら戻すからと言って実行すればよいです。
全員が納得のいく答えを出して、討論した結果で決まったことは、理不尽ではありません。
誰もが投票権を1つもっていますので、純真に物事を言い合える環境となっていきます。
わがままを言うのは勝手です。
しかし、それを実行する方が得なのか、得では無いのかは、みんなで話し合えばわかることです。
社長は嫌だと思って、いきなりダメというより、社員を信じてこれを達成するためには、
どういうことを達成したらこの結果に繋がるかな。と問えばよいだけです。

すると、社員は願望を達成したくなり、その目標を達成するようになります。
そうやって、夢をかなえていくと社内は自然と良い方向に向かっていきます。
願望を達成するためには、見返りが必要なのです。
そういう考え方をしていくと、そもそもそんなわがままが必要なのかと、飽きてきます。
自然と無駄なものは排除されていきます。
人は利己的な生き物なので、自分の利益を追求していきます。
チャレンジさせて、みんなで決めたものをみんなで守ればおのずと良い結果が付いていきます。
そういった、純粋な心を作れる環境を作ってあげると社会人として活き活きと働けて、
自由がある会社と言われるようになります。
社長が判断せずに、人としてみんなで判断する結果を持ちましょう。
繁栄する会社はみんなを尊重しないといけません。
この選択は社員が奴隷の時にすると大きなけがをします。
IMG_2309.JPG

prev 2017.12.20-4n.JPG 残業の減少に関しての社員意欲 残業に対する正しい日数計算と時間計算。割り込み。
残業の減少に関しての社員意欲 残業に対する正しい日数計算と時間計算。割り込み。
たちばなさんけっこんしき用_170928_0009.jpg 愚痴を意見にできる環境を創る next
愚痴を意見にできる環境を創る

望月執筆の本やオンラインサロンはこちら

  • コンサルティングメニュー
  • コンサルティングメニュー