メールでのご相談

才能を活かしている人同士で仕事が出来るようになると外注という概念も消えて社員になる、共同事業ができるなど雇用の概念も変わります。

周りをきれいにする程豊かに広がる

ストレスを感じているのは全て自分自身が原因です。自身の現実の姿を受け入れて自分自身を変えていくことが出来た時に豊かな道へ進むことができます。

才能を活かして生きていくこと、自分も人も喜ばせられる素晴らしい人になることは、
 自身が勉強し、自身が変わっていくことだけで達成していけることのように思えるかもしれませんが、
  人は誰もが一人では生きておらず、人と関係し合い、周りの人の影響を受けながら生きています。
   だからこそ、自身のことだけを良くしても豊かな道に進むことはできず、周りをきれいにしていくことがとても大切です。
例えば、いつも人の噂話ばかりして、真面目な話をしようとしたら話してもらえなくなるような友人しかいなかったら、
 真面目に生きることの方がダサいと感じ、才能を活かして生きたい、なんてことは考えられないと思います。
  毎日何をするにも怒ってくる家族と一緒に住んでいたら、いかにその人に怒られずに済むか攻略法を考えることで忙しくなり、
   その人を喜ばせようなんて、自分も人も喜ばせられる素晴らしい人になろうなんて、考えることはないと思います。
自分という存在をつくっているのは周りの人であり、周りをきれいにしないままでは、たとえ豊かな道に進もうと努力しても、
 どこかで足を引っ張られることになってしまいます。豊かな状態とは、自分も周りもきれいにしていった先にあります。

  • 類は友を呼ぶという言葉があるように、基本的に周りの人は自分に似たところがある人が
    多くいます。相手の言葉や言動に対し、嫌だなと思った時には、自分は同じようなことを
    していないか振り返ることで、自分の嫌なところに気付けることも多くあります。
    自分が嫌なことをするのに、嫌なことをする人と離れて良い人だけと付き合うことは
    良い人に迷惑をかけるだけとなってしまいますし、そもそもそのようなことは成り立ちません。
    相手は自分自身を映す鏡になっていることを理解し、まずは自分の立ち位置や状態を
    正しく理解し、自分をきれいにしていくことが大切です。
  • 仲の良い相手であっても、人は相手に合わせて本音を言えなかったり、すぐに仮面を被ってしまうものです。
    しかし、その仮面を被る、本音を隠すということは自分自身に嘘をついており、自分自身がきれいでない状態となってしまいます。
    誰に対しても本音で向き合おうとすると、とてもきつくなってしまいますので、近くの信頼できる人から少しずつ本音で向き合えるようにしていくことで、きれいな輪は広がっていきます。
    きれいになった自分が本音で
    向き合って受け入れて
    もらえない場合には、
    どんなに付き合いが
    長い人でも、関係を
    断ち切る勇気も
    大切です。
  • 連絡することのない連絡先や、嫌な思い出が多くある頃の写真も、残している人は多いと思いますが、このようなデータは過去に引っ張られやすくなる要因となります。
    そういったデータはできる限り消した方が、うまくいかなかったやり方や考えをリセットし、スムーズに良い方向に進むための新しいやり方や考えを取り入れることができやすくなっていきます。
    特にスマートフォンは常に身近にあるものであり、影響を受けやすい存在となりますので、身の周りを
    清掃してきれいにすることも
    大切ですが、スマートフォン
    の中をきれいにすること
    も同じくらい大切に
    思ってほしいと考え
    ています。

自分も周りもきれいになっていくと、才能を磨くことに力を注ぐことができるようになっていきます。
 自分の才能がわからないと感じる人も多いと思いますが、阻害していたもの、滞らせていたものがなくなることで、
  純粋に夢中になれるものに力を注ぐことが自然とできるようになり、
   自身の本来の才能に気付き、突き進むことができるようになっていきます。
足を引っ張っていた存在は何だったのか、誰だったのか。自分の固定概念がどんなに足かせになっていたのか。
 以前は気付けなかったことも自然と気付けるようになっていき、さらに自分も周りもきれいに、
  より良い状態にしていきながら進むことができるようになっていきます。

才能を磨き続けた先にある 尊敬と信頼と才能だけで喜びが循環していく関係性 才能、経験、知識を交換しながら喜びが循環し続ける 図

才能を磨き続けると、尊敬と信頼と才能だけで付き合える人とつながることが出来るようになります。
 そこはストレスはなく、才能だけで生きることができるようになった天才たちだけの世界となっていきます。
人や地球環境が未来で喜ぶことのために才能を発揮して、相手の喜ぶことをする。
 豊かな人同士となると、相手も、人や相手の喜ぶことを考えて行動しているので、自分にも喜びが返ってきます。
  喜びだけで喜びが循環する環境です。
それぞれの才能を活かして協力することで、天才同士のコラボレーションとなり大きな喜びにつなげることができる、
 上下関係はなく、年齢も、性別も関係ありません。
天才同士で協力すると新しいアイデアも前向きな意見もビジネスの展望も、1人で動くよりも大きな喜びにつながる
 動きとなって広がっていきます。
  そして、自身の才能を磨き続けて成長・進化し、より多くの天才とつながれば、さらに豊かに喜びは広がり続けます。

喜びが循環する関係性の中では、雇用の概念も変わってきます。
 お金を中心とした雇用関係の中では、雇用主、従業員がそれぞれの立場や意見を主張し、
  お金や時間、規則を持ち出して牽制し合うような関係になりやすく、とてもストレスが生まれやすい状態です。
尊敬と信頼と才能だけで喜びが循環していく関係性ができていくと、このようなストレスは自然となくなり、
 雇用主、従業員の枠を超えて一緒に才能を活かして仕事が出来る仲間となっていきます。
  このような関係を築けるようになると、外注については従業員やビジネスパートナーとなっていき、
   外注という概念自体がなくなっていきます。
才能を活かしている人と協力して仕事が出来る環境と仕組みを整えていくと、社内だけでなく、社外でも
 仲間が増えていき、共同事業や、他業種と連携した開発事業など、活動の場がさらに大きく豊かに広がります。

お互いに喜びだけを渡し合える関係には、自身も相手もきれいなのでストレスがありません。
 豊かさだけで付き合うことが出来ます。
  豊かな状態で過ごすことが出来る相手とは、仕事、食事、遊び、何をしていても楽しく、刺激があり、学びがあります。
自身をきれいにして、自分の身の周りもきれいにして、きれいな状態を整えていけばいくほど
 前向きで明るい気持ちで物事を正しく判断して、活き活きと自身の才能を発揮できます。
  未来がより良くなっていくことのために力を注いで、地球と人を喜ばせることだけで生きていくことができます。
   fe-voのコンサルティングでは、自身と身の周りをきれいにしていくやり方のアドバイスもしております。

続けてご覧いただける関連ページはこちら